團長挨拶


 
 この度は、当ホームページを御覧頂き誠にありがとうございます。
 私、國學院大學全學應援團第66代團長大峰真也でございます。
 当團を代表して御挨拶申し上げます。
 当團を日本一格好良い応援団にする、これが私の目標でございます。現在、残念ながら全国的に見て応援団という文化は衰退の一途を辿っております。全盛期には、大学の顔とも言われ常に憧れの的であり人気の中心であった応援団がなぜここまで衰退してしまったのか、それは常に格好良くいようとする粋な心を持った者がいなくなってしまっているからでございます。勿論、不良文化との融合や、それに伴う非社会的な行動が横行していた時代があった歴史からも、衰退のきっかけとなった要因は他にもあると推測されます。しかし、そのきっかけから団員は応援団を存続させることだけを考えるようになり、応援団本来の人間性を磨く組織とはかけ離れてしまいました。応援団は応援する気持ちだけがあれば良いのだ、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは大前提でございます。その上でどれだけ格好良くいられるかという事が重要なのでございます。それは、身嗜みに気を使っている、成績が優秀である、團内での完璧な統制がとれている、異性同性共に人気がある等、その他にも数えきれない程の要因によって構成される真の格好良さこそが今の応援団文化には必要であり、今こそ、その事実を全員が再認識するべきなのでございます。そして応援団という文化を全盛期と呼ばれていた時代以上に活気付けるべきなのでございます。その為には、まず我々が真の応援団の姿を再構築し、全国の応援団文化を活気付ける先駆者とならなくてはならないのです。
 恐らく、初めの一文を御覧になり、なんと幼稚な目標なのか、と思った方もいらっしゃったかと存じます。しかし、ここまでの文章で私の目標の難易度の高さ、目標とする理由が御理解頂けたかと存じます。我々國學院大學全學應援團は、必ず日本一格好良い応援団になります。そして、國學院大學全學應援團のみならず、國學院大學の発展にも大きく貢献致します。
 御期待下さい。
 また、幹部方針も併せて公開しておりますので、そちらもご覧ください。
                             國學院大學全學應援團
                           第66代團長 大峰 真也