神主小唄

 神主小唄の演技は、新しいものです。もともとは、神道文化を学ぶことができる本学において、主に神職(神主)を目指す学生に歌い継がれてきた神主小唄に、神職の資格を有する第62代團長が振り付けを作成したものです。当團の演技は、昭和40年代前半までにほぼ形成されていますので、およそ40年ぶりに公式な演技が作成されたことになります。初披露は、平成25年度の文化祭リーダー公開であり、その日から当團の新しい名物として演じられています。振り付けは、宮廷芸術である舞楽の動き、特に「蘭陵王(らんりょうおう)」の所作を参考にしており、これまでの当團のどの演技にも似つかない、大変独特なものに仕上がっています。なお、前口上(※)は、本学の建学の精神の一節を用いており、本学の学生として、建学の精神に依拠する思いが込められています。

 ※前口上とは、歌が始まるまえ、主にリーダーによって独白される言葉のこと。

作詞者不詳

好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれたことがない
トコズンドコズンドコ


白い着物に袴をはいて
若い身空で神主修業
てれるガラではさらさらないが
横の女学生にゃちょいと弱い
トコズンドコズンドコ


遠いくにからあの娘のたより
恋に生きよか神主やろか
ままよ未練はさらりと捨てて
あの娘はあの娘で俺は俺
トコズンドコズンドコ

好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれたことがない
トコズンドコズンドコ


人工衛星あがろとままよ
変わる時世に変わらぬものは
伊勢の神宮と桜の花よ
生まれながらの神主よ
トコズンドコズンドコ

好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれて好かれて好いて
好いて好かれたことばかり