監督挨拶

 
 國學院大學全學應援團は、人間成長という意味で最高の環境を整えています。もっとも、教育活動の一環である以上、そうでなければいけません。当團は團員の成長を通じて、学生育成の実現を第一義としています。
 誰かのために尽力をする。正しく力を尽くすためには、自らを徹底的に鍛錬し、他者を支援するに足る技術を身に付けねばなりません。応援とは究極のボランティアです。
 自己鍛錬を通じて心身ともに鍛えられる。これはどのスポーツなどにも見られることですが、応援という特異性に着眼したとき、無意識のうちに本質的なメンタルトレーニングが期待できます。本当の自信を得るために必要なことは、他者評価ではなく、感謝されることにある。これは心理学の観点からも指摘されている通りです。「情けは人の為ならず」という言葉が指し示す通り、利他主義に徹すると、図らずも自身を向上させることに繋がるのです。
 当團は、すでに七十有年の歴史を有しています。この伝統に裏打ちされた実践を通じて、現役学生の人格陶冶を図り、團員一同が切磋琢磨をしています。
 本ウェブサイトをご覧になって、当團についてご理解を深めていただければ幸いです。
                             國學院大學全學應援團
                               監督 横尾 朗大