3部紹介

リーダー部

教育方針イメージ

 國學院大學の応援団は、昭和16年、前身組織である応援統制部から始まっており、平成23年度に創團70周年を迎えました。この間、一部会としての応援団から、学内に五団体のみ存在する学生自治組織の一翼を担う立場に昇格するなど、年々発展を遂げて参りました。平成27年度に、以下に紹介するブラスバンド部、チアリーダー部を創設したため、それまで応援団と称していた、応援を取りまとめる既存の組織をリーダー部とし、現在活動しています。平成26年度までの応援団の歴史は、現在のリーダー部の歴史そのものですので、「当團の歩み」をご覧いただければと思います。
 平成10年代後半より、他大学応援団と同じく当團も團員の減少が顕著となり、團存続が危ぶまれる危機的な状況もありましたが、現在は、大学応援団を人間力研磨の場として捉え、改革を進めており、活気が戻りつつあります。
 古き良きものを護りつつ、大学応援団のあるべき姿を追求することで、応援団の本道を歩んでいければと思います。


ブラスバンド部

目標イメージ

 当團ブラスバンド部は、平成27年度に、3年生1名、1年生5名で創設しました。当團ではかつて、第14代幹部の時代(昭和37年)にもブラスバンド部が創設され、リーダー部とともに神宮球場における硬式野球部の応援などを行っていましたが、当時のブラスバンド部はその後独立し、現在の体育連合会吹奏楽部として活動しています。
 平成18年に、本學の硬式野球部が目覚ましい活躍を見せ、平成4年以来の東都大学野球リーグ1部に復帰しました。その頃より、團内では、時代の変化に合わせ、応援中に演奏を行う組織の創設を目指す動きがありましたが、リーダー部自体の人員減少、将来ビジョンの不備、学内他組織との関係性などにより、なかなか創設まで漕ぎ着けることができませんでした。しかし、平成25年度に、将来のブラスバンド部要員として楽器経験者が1名入團し、各方面との調整も概ね完了したことから、平成27年度の創設となりました。
 現在は、関係各位の協力により、体制整備を進めているところであり、日々、技術向上に励んでいます。


チアリーダー部BUNNYS

目標イメージ

 当團チアリーダー部BUNNYS(バニーズ)は、ブラスバンド部と同じく、平成27年度に、他大学チアリーダー部OGをコーチに迎え、1年生4名で創設しました。現在の他大学応援団では、応援を取りまとめるリーダー部以外に、吹奏楽部、チアリーダー部を設置して3部体制で活動するか、演奏の専門家である文化系吹奏楽団などの協力を仰ぎ、リーダー部とチアリーダー部の2部体制で活動する団体が多いようですが、当團は平成26年度までリーダー部のみで活動していました。
 過去、昭和から平成にかけての時代には、チアリーダー部創設を希望した本学女子学生がいたということを聞き及んでいますが、正式に團内チアリーダー部として活動を開始するまでには至りませんでした。しかし、当團を取り巻く状況は平成の当初から大いに変わってきており、時代の変化に適切に対応するべく、ブラスバンド部とともに創設することとなりました。
 現在は、コーチに指導を仰ぎながら、高いレベルを目指して活動しており、今後の活動拡大を視野に、取り組んでいます。